化粧品でアンチエイジングする際の注意

化粧水や美容液といった基礎化粧品の中には、高いアンチエイジング効果が期待できるものもあります。 ただ、様々な美容成分が配合されていたとしても、それが自分の肌に必要なものかどうかわからなかったらどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、美容成分の役割や効果について知っておきましょう。

まず、美容成分として人気が高いものの中にビタミンCがあります。 ビタミンCは、美白系の製品に多く配合されていますが、他にも高い抗酸化成分は見逃せません。 コラーゲンを生成するのにも欠かせない役割を持っているので、ビタミンCが配合されている化粧品を選ぶといいですね。

抗酸化成分としては、他にもコエンザイムQ10が挙げられます。 こちらはただ美肌作りができるだけでなく、肌を健康に保つためにも働いてくれるので、キレイで健康的な肌を手に入れたいと思っている人はコエンザイムQ10が配合されている化粧品を選びましょう。

肌が乾燥している、カサついていると感じる場合は、真皮層に潤いを補給することができる成分が含まれているものを選択すると効果的です。

例えば、ヒアルロン酸が挙げられます。 ヒアルロン酸は、たったの1グラムで6リットルもの保水ができるので、ヒアルロン酸の量を増やすことが肌の潤い作りにも繋がると言えるでしょう。 また、コラーゲンも肌のハリと弾力を支える大切な役割を持っています。

ヒアルロン酸とコラーゲンは、肌の弾力をアップさせるものとして効果があるのですが、できれば両方配合されたものを選択すると更に効果を高めることができます。

次に、健康な肌を作ってアンチエイジングを成功させるためには、肌のバリア能力を高めることも大切です。 メビヴェールという成分には、肌の表面を守る働きがあるので、様々な肌トラブルが発生している場合にはメビヴェール配合の化粧品を使って肌のバリア能力を高めてあげると効果的です。

ただこの成分が入っていればいいというわけではなく、それぞれで質が違うので、できるだけ質の良い成分が配合されている商品を選ぶように心がけましょう。

ページの先頭へ