アンチエイジング効果を高める睡眠法

睡眠不足は昔から美肌の敵だと言われています。 毎日睡眠不足の状態の人は、どうしても肌質が悪化しやすいので、まずはしっかり眠ることを考えてみましょう。

よく、仕事が忙しくなると急に肌荒れが発生しやすくなってしまう人がいますよね。 これも、仕事が忙しくなったことにより睡眠時間が減り、それが肌荒れの大きな理由になっているはずです。

肌は毎日外気に触れて疲れているのですが、古くなった肌の細胞は勝手に剥がれ落ちて新しいものに生まれ変わっています。 しかし、肌の生まれ変わりは、主に寝ている時間帯に行われるのです。

つまり、睡眠時間が短い人は新しいキレイな肌に生まれ変わるチャンスを逃してしまっているということですよね。 肌が生まれ変わる能力のことをターンオーバーといいますが、健康な人であれば通常ターンオーバーは28日周期となっています。

何ヶ月経っても肌トラブルが改善しない場合は、ターンオーバーの周期が乱れていることを疑ったほうがいいかもしれませんね。

実は睡眠不足はターンオーバーも招いてしまう厄介なものなので、自分がどれくらい眠れているか考えてみてはどうでしょうか。 たくさん寝ているからお肌にとって良い睡眠がとれているとは限りません。

肌の生まれ変わりが活発に行われるのは22時から深夜2時の時間帯とされているので、この時間に眠ることができているかどうかが大切です。 それから、睡眠時間が足りていないのも肌にとって良くないので、6時間以上は眠るようにしましょう。

もちろん、毎日22時からしっかり6時間以上寝ているからといって、その他の生活が乱れていては美肌作りは難しくなってしまいます。 質の良い睡眠を取ることは美肌作りの第一条件と考え、生活リズムを整えられるよう考えることが大切です。

アンチエイジングのためにサプリメントを飲んでいるけれどなかなか効果がないという人は、眠る前に飲んでみましょう。 そうすることにより、睡眠時にサプリメントの成分が効率よく働き、美肌作りを助けてくれます。

ページの先頭へ