メカニズムを知ることはアンチエイジングの第一歩

加齢に伴い、シミやシワは多くの方の悩みの種だと思います。 様々なアンチエイジングサプリメントが販売されていますが、 サプリメントの効果をより引き出すためにはお肌のメカニズムを知ることが大切です。

スキンケアやサプリメントでアンチエイジングを行う際に参考になるよう、 シミの原因やメカニズムを見ていきたいと思います。

シミができる原因は何かご存知の方も多いと思います。 シミはメラニンの生成により出来てきます。 皮膚に何らかの刺激が与えられることで、メラニンが過剰に生成されシミができます。

では、メラニンが過剰に生成される原因をご存知でしょうか? 第一の刺激が紫外線です。 紫外線には2種類あり、UVAとUVBがあります。 波長の長さにより分けられますが、UVBのタイプの紫外線が皮膚細胞を刺激します。

紫外線が皮膚に刺激を与えると、メラニンを作り出す物質が活性化します。 活性化した状態が治まればよいのですが、そのままの状態が続くとそれによりシミが発生してきます。

次の原因が活性酸素です。 活性酸素が体内で発生すると、メラニンを作る刺激ホルモンが分泌されます。

活性酸素を発生させるものは、やはりこちらも紫外線によって発生します。 しかし活性酸素の紫外線はUVAのタイプが影響します。

活性酸素を発生させる要因はほかにもたくさんあり、ストレス、喫煙、飲酒などをはじめとし、 睡眠不足や便秘、食品添加物も関係します。 意外に知られていないものが排ガスなどの有害物質を含んだ空気で、活性酸素が発生してきます。

そして、炎症もシミの大きな要因です。 炎症によるシミは、ニキビ跡や肝班が原因になります。

お肌は炎症が起こるとダメージを回復しようとします。 そのため新しい細胞を作り出しますが、その際にメラニン色素も作られてしまい、 色素沈着となってしみが発生します。

炎症による要因は、ニキビ跡や肝班以外にも日焼け、摩擦などがあります。 また、女性ホルモンの乱れも炎症を起こしやすくなっています。

しみが出来る原因を最小限に抑えて、スキンケアやサプリメントでアンチエイジングをしてくださいね。

ページの先頭へ